日本最大の個人指導型野球スクール
  • JBS公式twitterアカウントへ
  • facebook公式ファンページへ
  • ジュニアバッティングスクール

スクールコンセプト

スポーツデータバンクステートメントとは、企業理念を頂点として、その実現に何をどのように行ったら良いのかを示した声明文です。

 

SDBステートメントの構成

企業理念の実現を組織で行うために、日々何をしていかなければいけないのかを示したものです。私たちの全てのスタッフがバイブルを徹底することにより、企業理念を実現し社会貢献できるように設計されています。

 

○企業理念

企業理念とは、私たちが組織として集まっている目的を示したものです。みんなで一致団結して、この目的の実践のために仕事をしていくことが求められます。

 

○Corporate Message

コーポレートメッセージは、企業理念を世間一般の方々に理解してもらうために考えられた一文です。このメッセージに賛同してくれる方々にお客様になっていただき、私たちは企業理念の実現に向かいます。

 

○ヴィジョン

ヴィジョンは、企業理念の実現に向けて、何を行っていくのかを具体的に示したものです。長期的な目標達成に向け、何をしていくのか、どのような計画・戦略を立てるのかを決めるときの羅針盤となります。

 

○スポーツスクールビジネス3つの基本的価値

スポーツスクールビジネス3つの基本は、スポーツスクール運営の基本中の基本となります。この3つの基本の徹底によりスポーツスクールを成功に導き、ヴィジョンの達成に向かうのです。

 

○行動指針

行動指針は、スポーツスクールビジネス3つの基本的価値を実践する上で、特に大切にしたい行動をまとめた声明文です。これを日々徹底する事がコーチングプロ達に求められます。

 

○コーチングバイブル・リーダーズバイブル

コーチングバイブル・リーダーズバイブルは、行動指針を具体的に業務として細かく説明したコーチング・業務テキストとなります。このバイブルには過去10年に渡る先輩方の叡智が詰まっています。

 

企業理念
「私たちは人々の成長に貢献する事を喜び、そして使命とします」

企業理念と目標達成

私たちが、自らに課した高い目標達成にこだわるのは、多大な社会貢献ができる組織になるため、そしてそれは企業理念の実現に他ならない。

 

コーポレートメッセージ
"一つの「できた!」(上達)の積み重ね(成長)"

"一つの「できた!」の積み重ね"とは?

一つの「できた!」とは、何かを達成した「できた!」、何かを「上手に出来るようになった!」と感嘆符を付け喜びを表現しています。要するに、一つの「できた!」とは、"できなかったこと"が「できるようになった!」「上達した!」と喜んでいる様子です。

そして積み重ね とは「上達した!」を積み重ねていくことです。この上達の積み重ねが成長である。と定義しています。

「できた!」はその子にとっての「成功体験」です。その成功体験を何度も積み重ねることで成長していく。それを表現したものです。また、成長した子どもたちはTrue Pride(自尊心)を持って生きていく力を身につけることができます。

 

イメージしてみてください

一人の子どもが、当社グループのスクール、イベントで、一つの小さな成功体験をします。その子は成功したことを素直に喜び、もっとできるようになりたい!と次のレベルの高い「できた!」を目指す意欲を持ちます。

そして何度も何度も成功体験を積みます。その過程が子どもの成長になります。「頑張れば、上手になれるんだ!」を体験として知った子どもは"True Pride"(自尊心)を持った大きな人間に育っていきます。目を輝かせ、生き生きと何事にも果敢に挑戦するようになります。勉強も、人間付き合いにも、新しい事へも躊躇なく挑戦します。成長にゴールはありません。一生が成長です。その基本をその子は学んだのです。

スポーツを上手になるためには、練習という試練が必要です。出来ないという失敗体験が必要です。それを乗り越えることでしか成功体験を味わえません。スポーツ活動とは、人生の成長プロセスを体験できる素晴らしい活動なのです。その環境を私たちは提供しています。これが私たちの世間へのSDBコーポレートメッセージです。

このコーポレートメッセージを世間に発信するということは、私たち一人ひとりがそのメッセージをしっかりと理解し、それを私たちは提供しているのだとプライドを持たなくてはいけません。どうすれば、「できた!」をたくさん子どもたちに体験させられるのか。それを常に考えて子どもたちと向き合って下さい。

 

スポーツスクールビジネス3つの基本
スポーツスクールビジネス3つの基本的価値"TCE"

「テクニック」(Technic)→高い専門技術知識、効率的な運営、目標達成能力、チームビルディング。

「コミュニケーション」(Communication)→コーチング、リーダーシップ、対人対応力、表現力

「エンジョイ」(Enjoy)

 

スポーツスクールビジネス3つの基本の徹底がスクールを成功に導く

このスポーツスクールビジネス3つの基本は、スクール運営の基本の基本となります。この3つの基本の徹底ぶりで素晴らしいスポーツスクールかどうかが決まります。

 

コーチングプロ行動指針

行動が変われば、習慣が変わり、習慣が変われば、人生が変わる。

企業理念の実践により多大な社会貢献をし、自らの器を大きくし成長します。

 

「テクニック」(Technic)

・子どもたちの成長の為に、コーチングを研究・追及します。

・コーチングプロとしての自覚とプライドを持ちます。

・子どもたちの成長の責任はすべてコーチングプロにあります。

 

「コミュニケーション」(Communication)

・トレーニングパートナーとして子どもたちと一緒に成長します。

・誰に対しても率先した挨拶・元気・笑顔を心がけます。

・信頼関係を築くため、約束、時間、バイブルを厳守します。

 

「エンジョイ」(Enjoy)

・常に子どもたちの安全に配慮しスクールを行います。

・子どもたちを楽しませる為に情熱をもって指導にあたります。

・子どもたちの良い点を褒め自信を持たせます。


ページアップ