道具を制する者は試合を制す!-グラブ編(内野手・外野手編)-【“JBSコーチングプロの技術ノート”第21回 後編 】

前回よりグラブの作り方や選び方をお伝えしている『コーチングプロの技術ノート』。

今回の更新では、内野手と外野手のグラブ選びについて解説いたします。

bb2121

グラブ選びにお困りの選手や、新しいポジションに挑戦する選手は是非ご覧ください!

 

1.セカンド・ショートは浅いポケットで素早く持ち替えよう


内野手は素早くボールを持ちかえ、送球する必要があります。

そのため、特にセカンド・ショートの選手はポケットを広く、浅く作ることを心がけましょう。

bb2122

薬指のあたりにもう1つポケットを作るイメージで、ゴロは薬指に当ててすぐにボールを取り出せるようにします。

「握る」というよりは手のひらに「当てる」感覚で、投げる方の手を添えて捕球しましょう。

 

2.強い打球には大きめのグラブを


ファーストは、何より内野手からの送球をしっかりと捕球することが大切です。

ファーストミットが他のグラブに比べ大きな作りになっているのも、確実に送球を捕球するためです。

ポケットは深く作り、ショートバウンドなど難しい送球もボールをミットに収められるようにしましょう。

bb2124

サードは、内野手の中で一番強い打球が飛んできます。

そのため、セカンド・ショートに比べ少し大きめのグラブを使い、ポケットも深めに作ると良いでしょう。

ハンドリング(グラブさばき)を得意とする選手は、セカンド・ショートのように小さなグラブを使用することもあります。

 

3.外野手のグラブはある程度硬さを残そう


外野手は確実にフライやライナーを捕球できるよう、ポケットを深めに作ります。

bb2125

グラブの先で捕球するギリギリのプレーでは、グラブが柔らかすぎるとボールがこぼれてしまうことがあります。

ウェブ(グラブの網)でも確実にボールをつかめるよう、ポケット以外はある程度硬さを残しておくと良いでしょう。

 

 

 

次回の更新は、2016年11月23日を予定しています。お楽しみに!

 

★最近の記事(同じカテゴリ)

道具を制する者は試合を制す!-投手・捕手編-

道具を制する者は試合を制す!-バット編-

”セイバーメトリクス”って何だ!?-守備・総合指標編-

 

 

 

JBS・JPAへの体験入学はこちらから!

 

コーチングプロ  プロフィール


高際 善夫高際 善夫(たかきわ よしお)
スポーツデータバンク株式会社
ジュニアバッティングスクール コーチングプロ
小学校4年生から野球を始め、
出身校のコーチなどを経て2012年からジュニアバッティングスクール(JBS)公認コーチングプロとなる。
第7回名球会杯では東千葉代表監督としてチームを見事全国優勝へ導いた。
現在はJBS市川校・JBS江戸川校のヘッドコーチとして勤務している。